米寿のお祝い時期はいつ?

米寿のお祝いは、88歳の方をお祝いするイベントですが、お祝いをいつするかは、時代や地域によって、様々な取り決めがあるようです。

 

 

年齢の数え方には2種類あります

「数え年」と「満年齢」。お祝いの時期は、そのどちらかになります。

 

昔は、「数え年」で年齢を数え、そのタイミングでお祝いをしていました。数え年というのは、生まれた時が1歳。以降元旦の1月1日を迎えるごとに年齢が加算されていきます。誕生日は関係ありません。例えば、12月31日生まれの人は翌1月1日には2歳になるわけです。なので数え年の場合、1月1日に88歳となり、お祝いします。つまり、その年のお正月期間中に親族や仲の良い知人で集まり、米寿を迎えられる方をお祝いすることになります。

 

最近の傾向

最近は「数え年」ではなく、「満年齢」で年齢を数え、そのタイミングでお祝いをするほうが一般的になってきました。米寿を迎えられる方の誕生日が来たら88歳と数えて、そのタイミングでお祝いします。

 

誕生日が、「お正月」「ゴールデンウィーク」「お盆」など、親族が集まりやすい時期であればいいのですが、そうでないことの方がが多いですよね。その場合は、無理をして親族を集めるのではなく、みんなが集まりやすい時期を決めて、お祝いをするケースが多いです。

 

 

いつお祝いをする?お祝いの時期

米寿のお祝いの時期を検討する際には、「満年齢になるタイミングを中心として、家族が集まりやすい時期に開催する」、という形で取り決めてみてはいかがでしょう?米寿を迎える方からしても、普段離れて暮らす家族が一同に集まってくれることは、非常に嬉しいことです。「米寿を迎える方が喜んでくれること」を第一に考え、お祝いする時期や内容を決めてくださいね。

 

 

 

お祝いの品

米寿のお祝いをする際の贈り物は、お決まりでしょうか?米寿ともなりますと、今までにたくさんのプレゼントをもらってきています。重複しない品物を選ぶのは、至難の業です。かといって、日本人の平均寿命を超える貴重な長寿祝いなのに、前に贈ったものと同じもの。なんていうことは避けたいですよね。

 

そこで、今、特別な米寿祝いとして人気の贈り物をランキング形式でご紹介します。米寿のお祝い品をまだ決めかねているなら参考にしてください。

 

毛利達男、名前の詩の贈り物


米寿を迎える方の名前からアイウエオ作文のように詩を創作して、縁起物のイラストと一緒に額装してくれるサービスです。温かみのある和紙の上に素朴な墨の文字。昭和的な懐かしい作品を匠・毛利達男が心を込めて書き上げてくれます。縁起物のイラストも多数用意されていて、そこから選べますよ。例えばこんな感じ。

 

 

今、名前の詩は長寿祝いに大変な人気です。迷ったら、これで間違いないですね。

 

 

 

 

 

 

 

花なまえの詩

米寿のお祝いに花なまえの詩
名前から詩を創作して、縁起物の絵とともに額装してくれるサービスです。詩のプレゼントという希少性に加え、それが自分名前から出来ているというサプライズ性。「長い木」という健康祈願と家族の絆を表すイラストを始め「幸せの青い鳥」「幸福の黄色い蝶々」「ハート桜」など、ハッピー満載の挿絵。すごく感動して喜んでもらえるプレゼントです。今や長寿祝いの定番の贈り物。贈り物選びの参考にして下さい。

 


 

 

 

 

 

ピカソランドの似顔絵時計


似顔絵を描いてもらい、時計の背景にしてくれるサービスです。時を刻む時計は、長い年月を歩んできた米寿のお祝いにはピッタリの贈り物ということで、すこぶる人気の商品です。似顔絵は写真をイラストにデジタル変換したうえで、デザイナーの感性で加筆修正・編集をするので、かなりクオリティの高い似顔絵が出来上がります。時計は毎日見るものですから、見るたびにあなたのことを思い出してくれますよ。