米寿のお祝い金の相場

ご両親や祖父母が米寿(88歳)を迎えられる際、プレゼントだけでなくお祝い金を渡される方もいらっしゃるかと思います。そこで気になるのが、「いくら渡せばいいのか?」という、米寿祝いの金額(相場)ですよね。

 

 

結婚式であれば、「友人なら3万円」といった相場観がありますので、金額を決めやすいものとなっています。しかし、米寿祝いの相場観って、なかなか機会がないのでわかりにくいものですよね。そこで、米寿の相場について、様々な人に聞いたり、自分で調べたりしました。実は米寿祝いには、決まった金額、相場というものがないのだそうです。

 

多くの方は「だいたい30,000円ぐらい」という回答をしているのですが、それも何か決まり事やしきたりがあるわけではありません。「ただなんとなく、それぐらいかなと思って」「他の親族と相談して」「ネットに書いてあったから」といった、やや曖昧な理由が多かったのです。

 

 

地域性

また、地域や親族の考え方によっても左右されます。そもそもお祝い金を出さない家庭もありますし、親族の年長者が決めるケースもあります。金額も本当に様々。「20万円は必要!」と言われた方もいらっしゃるそうです。しかし、米寿の方ってそんなに大金が必要ないように思います。年金で暮らしていけるでしょうし、そんなに物欲もないでしょうから、本当に気持ちだけでいいのではないかと、色々な方に聞いてみて思いました。

 

常識的相場

孫から祖父母であれば、5,000円から10,000円、子供から両親であれば、10,000円から30,000円、といったところが無難ではないでしょうか。もちろん、先ほど言ったように、周りとのバランスも必要です。もしお祝い金を出される場合は、他の方とも相談をしたうえで、金額を決めてくださいね。ただ、あまりにも高額になるようであれば、しっかりと「そんな金額を出す必要はない!」と反論しましょうね…

 

お祝いの品

お祝い金を渡そうと思っても、拒否されて、受け取らないことも多いです。そういう時はお祝い金相当で、お祝いの品を贈ることになるかと思います。そこで1万円から3万円くらいで、今人気の米寿のお祝いをご紹介します。米寿のお祝いプレゼントを贈る際の参考にしてください。

 

 

毛利達男、名前の詩の贈り物

売れ筋金額、税込み1万8360円。価格帯は、1万2960円〜6万4800円(税込み)。

 

米寿を迎える方の名前からアイウエオ作文のように詩を創作して、縁起物のイラストと一緒に額装してくれるサービスです。温かみのある和紙の上に素朴な墨の文字。昭和的な懐かしい作品を匠・毛利達男が心を込めて書き上げてくれます。縁起物のイラストも多数用意されていて、そこから選べますよ。例えばこんな感じ。

 

 

今、名前の詩は長寿祝いに大変な人気です。迷ったら、これで間違いないですね。

 

 

 

 

 

 

 

花なまえの詩

売れ筋金額、税込み2万3760円。価格帯は、1万800円〜5万9400円(税込み)。
米寿のお祝いに花なまえの詩

 

名前から詩を創作して、縁起物の絵とともに額装してくれるサービスです。詩のプレゼントという希少性に加え、それが自分名前から出来ているというサプライズ性。「長い木」という健康祈願と家族の絆を表すイラストを始め「幸せの青い鳥」「幸福の黄色い蝶々」「ハート桜」など、ハッピー満載の挿絵。すごく感動して喜んでもらえるプレゼントです。今や長寿祝いの定番の贈り物。贈り物選びの参考にして下さい。

 


 

 

 

 

 

ピカソランドの似顔絵時計

税込み、1万4580円と1万7820円の2種類。

 

似顔絵を描いてもらい、時計の背景にしてくれるサービスです。時を刻む時計は、長い年月を歩んできた米寿のお祝いにはピッタリの贈り物ということで、すこぶる人気の商品です。似顔絵は写真をイラストにデジタル変換したうえで、デザイナーの感性で加筆修正・編集をするので、かなりクオリティの高い似顔絵が出来上がります。時計は毎日見るものですから、見るたびにあなたのことを思い出してくれますよ。