米寿のお祝いにスカーフ

最近のお年寄りは、年をとったからといって地味な服装ばかりするのではなく、お出かけの際にはおしゃれをする方が多いです。しかし、どういったおしゃれをして良いかわからないお年寄りもたくさんいます。なので、ここでは88歳米寿のお祝いにスカーフをおすすめします。参考にしてください。

 

スカーフは、普段の服装にちょっとプラスするだけで、随分とファションセンスがアップし、インパクトを与えることができます。それに、スカーフは防寒や汗を吸収するという役割を果たしてくれる優れもの。重宝すると思いますよ。では、どういったスカーフをプレゼントすればいいのか、ご紹介していきます。

 

米寿のお祝いカラーは金茶色です。なので、スカーフもそのお祝いの色に合わせたものを贈ると良いでしょう。金茶色のちゃんちゃんこは、ちょっと使い道がないだろうと思う方にも、スカーフならおすすめです。このカラーなら、どんな服装にも合わせやすいですから、外れがないと思いますよ。

 

スカーフの中でも特に質感が良いのが、シルクのものです。シルクは肌触りが滑らかだし、かさばらりません。ちょっと持ち歩くにも良いですよね。それにシルクは華やかさもあるので、巻くだけでおしゃれ上級者に見えますよ。

 

ちなみに、お祝いカラーが金茶色だからといって、「そのカラーの物しか買ってはいけない」というしきたりはありません。結局贈る相手には何が良いのかを、考えてプレゼントすることが一番の贈り物ですから。

 

スカーフを米寿祝いに贈る場合は、派手すぎず、地味すぎない、そして肌触りや吸水性が良いものを選ぶと、より喜ばれますよ。