米寿のお祝いにプチ・リフォームをプレゼントする

ご両親や祖父母が米寿(88歳)を迎えられる際に、
お祝いのプレゼントをしますよね。

 

何か物を贈ることが一般的かと思いますが、
ご高齢ということもあり、
物欲もあまりないかもしれません。

 

「普段使わないものをもらっても…」
と思われるかもしれませんよね。

 

 

 

そんなとき、無理をして何か物を贈るよりも、
「より快適な住環境を提供する」
というプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、
階段に手すりをつける、
トイレをウォシュレットタイプにする、
ドアの手すりをレバー式にする、
段差をなくす、
キッチンを広くする、
リビングや寝室の電気のスイッチをリモコン式にする、
浴室の床を滑りにくいものにする、
などなど…

 

最近では、高齢者向けのリフォームが充実していますので、
高齢者の方が安全に、安心して住むことのできる住環境を目指すことができます。

 

離れて暮らす人が多い分、
「高齢の両親が二人で暮らしている」
というご家庭が多いのではないでしょうか。

 

そうなると、
階段から落ちた、
浴室で転んだ、
といった事故も起こりかねません。

 

寿命を全うしてほしいと思いますので、
そういった事故を未然に防いだり、
快適に過ごすことができる住環境をプレゼントしてみませんか?

 

リフォームというと、とても値段が高いイメージがありますが、
数十万円から手掛けられるプチ・リフォームもあります。

 

20人の親族から、1人2〜3万円ずつ集めることができれば、
プチ・リフォームをプレゼントすることができますので、
ぜひ検討してみてくださね。