長生きしてもらうためには落語がオススメ

日本は世界で最も長寿国であり、男女の平均寿命は84歳。みなさんの周りにも、長生きされてる方もいらっしゃるのではないでしょうか。その平均寿命をも超える、88歳(米寿)のお祝いでは、もっと長生きしてほしい、という思いを込めてみてはいかがでしょうか。

 

笑いは健康のもと

長生きの秘訣は様々な要因があります。人と話をすることや、健康に気をつけて野菜をたくさん食べることなど、色んな研究結果が出ています。その中のひとつに、「心の底から笑う」というものがあります。

 

 

ある病院では、高齢の患者を連れて、漫才を定期的に観に行く、という治療をするところもあるぐらいです。それほど、「笑う」ということは健康に良く、長生きするポイントにもなっているのです。

 

立川らく朝

特に高齢の方であれば、「落語」が好きな方が多いようです。最近では、「立川らく朝」さんという方が、「健康落語」というオリジナルの落語を創作されています。高齢者のお客さんに向けた落語で、わかりやすく健康にも役立ちますし、面白いのでもちろん笑ってしまいます。

 

聞いているだけで健康的になれる、その結果もっと長生きできる、そんな落語なんです。

 

私はなかなか落語を聞く機会がなかったのですが、立川らく朝さんの落語を動画で観てみると、とても面白くて何度も笑いました。立川らく朝さんの落語だけでなく、落語はCDやDVDになっていますし、今では動画をパソコンで観ることもできます。また、両親や祖父母と一緒に落語を聞きに行くのもいいかもしれませんね。

 

気軽にできる健康法なので、米寿祝いとしてもオススメです。もっと長生きして、幸せな人生を過ごしてほしいものですね。