名前の詩を贈るなら

米寿祝いに限らず、長寿祝いや金婚式などのお祝いには「名前の詩」が人気です。定番になりつつあります。

 

88歳米寿のお祝いプレゼントに名前の詩を贈るなら
毛利さんの名前の詩

 

名前の詩とは

お祝いしたい人の名前から、感謝の気持ちやお祝いのメッセージを詩にしてもらえるサービスです。名前の文字を起点として始まる詩で、最初の文字だけを見ると名前になっているという仕組み。名前の詩はネットでも注目されていて、取り扱っているショップも増えています。

 

種類

種類も豊富。縁起がいいふくろうのイラストを描いたり、家族やペットの似顔絵を描いたりしてもらうこともできます。写真を使うことも可能です。好きなデザインを探してみましょう。

 

最初の文字ではなく、詩の中に名前を盛り込み、名前の部分だけ色を変えるタイプもあります。この場合は、ひらがなで書くことが多いです。もちろん漢字に対応しているお店もありますから、比較して決められます。

 

お店の選び方

名前の詩は、書き手により文字が変わりますので、印象もかなり変わってきます。優しい感じ。ダイナミックな感じ。ほのぼのとした感じ。好みの字体・作風をいろいろとチェックしてみてくださいね。

 

大きさや色紙の色、文字の色なども選択肢は多い方がいいでしょう。基本的に、大きくなるほど価格は高くなりますが、書ける文字数なども増え、華やかな感じになります。額を選んでおけば、額に入った状態で届くので、すぐに部屋に飾れます。

 

夫婦で米寿を迎える場合

夫婦の名前で詩を作ってもらえます。ただし、2人用になると文字数も多くなるので、少し大きめのサイズがすすめです。価格帯もいろいろありますから、予算に合わせて選んでください。