88歳米寿のお祝い仕方

88歳を祝う米寿は、「どうやって祝えばいいのかよくわからない」という方も多いはずです。
ここでは米寿のお祝いの仕方について紹介します。

 

たとえば、還暦では赤いちゃんちゃんこを着ることがよく知られていますが、米寿では金茶色の衣類を着るのが一般的です。
そのため米寿を祝うなら、まずは金茶色の衣類を用意してあげるのがいいでしょう。

 

「米寿」という文字から「お米」を贈るケースもあります。
お米を使った料理を作って、家族みんなで食べるのもおすすめです。

 

もっとも大切なこと

88歳を迎えられたことを祝い、感謝の気持ちをしっかりと伝えることです。
先程紹介したような米寿ならではのしきたりもありますが、それ以上にどうすれば相手が喜んでくれるか、みんなが楽しめる祝い事になるか、それを考えることが大切です。

 

料理を振る舞うにしても好みがあります。
「どんなものを食べたいか」を聞いておいたり、盛大な祝い事が苦手というなら静かに、それでいて思い出に残る日になるよう工夫することも必要です。
米寿の祝い方は家族ごとに違ってもいいのです。

 

プレゼントを贈る場合

趣味に関係するものを贈ったり、普段から使えるものを贈ったりすると喜ばれます。
お孫さんがいるなら、お孫さんの書いた手紙や手作りのものを贈るのもいいでしょう。

 

米寿は「88歳を祝う日」というのは決まっていますが、それ以外はそれほどはっきりとした決まりごとはありません。
逆にいえば、どんな祝い方をしてもかまわないということ。
だから、米寿を迎える方の好みに合った祝い方をするのが重要になります。

 

普段顔を合わせる機会が少ない人たちも集まる日になるはずです。
家族や親戚の繋がりに感謝するのが、いいのではないでしょうか。