米寿のお祝いに花なまえの詩

おじいちゃんおばあちゃんが米寿を迎えたらあなたはどうしますか?何かしらお祝いの贈り物をしたいですよね。ただ、米寿のお祝いプレゼントと言っても何を贈れば良いのか?迷うところです。

 

米寿のお祝いに迷ったら、長寿の祝いで人気の「花なまえの詩」をおすすめします。花なまえの詩といっても、知らない方も多いと思いますから、花なまえの詩とはどのようなサービスで、どのようなものなのか。その特徴やメリットなどをご紹介します。米寿のお祝い選びの参考にしてみてくださいね。

 

花なまえの詩とは、人が生まれて最初に親から贈られる大切な「名前」で、詩をつくってくれるサービスです。また、かけがえのない家族や仲間が可愛いキャラクターになって、お祝いしている様子をイラストに描いてくれます。じっくりと見て楽しめる贈り物です。

 

一つ一つオーダーを受けて作ってくれます。同じものはありません。完全オリジナルの作品です。きっと米寿を迎えるお祖父ちゃん、お祖母ちゃんも喜んでくれると思います。

 

詩は、エピソードなどをもとに作られます。だから、おじいちゃんおばあちゃんにぴったりの詩になるんです。背景に描かれているイラストもすごく可愛らしいので、見れば見るほどほっこりしますよ。

 

商品のラインナップも豊富です。予算や好みに合わせて選べます。例えば、プチなまえの詩なら小さくて可愛いし、卓上にも飾れるのが嬉しいです。予算20000円くらいまででお考えの方にはぴったりだと思います。

 

一人暮らし、もしくは二人暮らしのお年寄りの家には、なかなかスペースがなかったりしますが、花なまえの詩なら邪魔にならずに、好きな場所に飾ってもらえます。米寿のお祝いに迷ったら、おすすめです。