どれが良いの?種類や花言葉から選ぶ米寿祝いのお花について

米寿は八十八歳の長寿祝いとして知られており、八十八を縮めて書くと米という漢字になる事から、米寿と呼ばれています。長寿祝いのしきたりは色々とありますが、まずはお祝いの気持ちを込めてお祝する事が大切です。

 

メッセージを添えてお花を贈ろう

長寿祝いは数種類あり、それぞれに適した色があります。還暦祝いは赤、米寿祝いは金茶色といったように、それぞれのお祝にちなんだ色があるのです。金茶色を基調にした種類の花を選び、花束にしてプレゼントしましょう。明るく元気な色である黄色やオレンジ色は、米寿のお祝いにはぴったりの種類です。

 

もちろん贈る相手が好きな花を選んでも大丈夫です。好きな花と金茶色が合わない場合は、相手が思い入れのあるお花を基調にしましょう。

 

花に種類にあまり詳しく場合は、お店で相談するのも選択肢の一つです。米寿祝に花束を贈りたいと伝えれば、きっとぴったりの素敵な花束を作ってくれます。

 

贈る花の花言葉も大切

一口に黄色やオレンジ色が良いとは言っても、花の種類は多くどれにするか迷いますよね?そんな時は花言葉を基準に選んで、贈る相手にぴったりのお花を選びましょう。

 

例えば黄色のマリーゴールドは、健康という意味を持ち鮮やかな色を持っています。黄色の胡蝶蘭も米寿祝いとしては適しており、純粋な愛や幸福が来るといった気持ちが込められているお花です。実のついた松もアクセントに適していて、不老長寿や永遠の若さ等の意味があります。贈る相手の好みにもよりますが、プリザーブドフラワーを贈るのも良いでしょう。

 

インターネット等で簡単に注文でき、特殊な加工により長くお花を楽しめます。生花のような瑞々しさを持っているので、幅広く人気を集めており、プレゼントにもぴったりです。長寿祝いにも様々な種類があり、贈り物をする場合はそれぞれに適した物を選ぶ事が大切です。長い人生で花束を受け取る事など何度もない物です、花言葉に気持ちをこめ、大切な相手に贈りましょう。