米寿のお祝いに吉語印をプレゼントする

米寿(88歳)を迎えられる方へのプレゼントとして、
「吉語印」
を送られてはいかがでしょうか。

 

吉語印とは、お祝いの言葉や縁起のいい言葉が書かれた印章のことです。

 

昔の方は縁起のいい物や言葉を非常に大切にします。
日本でも古来からこういったものは大切にされてきましたので、
日本人として脈々と受け継がれているものなのでしょう。

 

吉語印をプレゼントとして送る際に、
よく選ばれている縁起のいい言葉にはこのようなものがあります。

 

 

 

長生未央(ちょうせいみおう):長生きして、家がつきることがない、という意味。
長生無極(ちょうせいむきょく):限りなく長生き、という意味。
延年益寿(えんねんえきじゅ):長寿でめでたいこと、長寿を願うこと。
延寿万歳(えんじゅばんざい):長寿を祝う言葉。
千秋万歳(せんずまんざい):永遠、という意味。
長楽無極(ちょうらくむきょく):いつまでも幸せや楽しみが長く続く、という意味。
瑞気集門(ずいきしゅうもん):おめでたい気が家の門に集まってくる、という意味。

 

 

 

こういった言葉の入った印章は送られると嬉しいものですし、
持っているだけでなく、実際に使うこともできるので重宝されます。

 

年賀状の最後に押したり、
お祝いなどのメッセージカードにも使えます。

 

プレゼントとして送るだけでなく、
お祝いのメッセージカードに押印して渡す、
というのもいいかもしれませんね。

 

お祝いする方が、こういった言葉や縁起物を大切にされている方でしたら、
きっと喜ばれることでしょう。